Introducing the First Tohoku Region “Japan-African Public Seminar & Cultural Performance”

African Association of Miyagi (AFAM) is set to hold the first ever in the Tohoku Region, a Public Seminar and Cultural Performance on the 17th of September, 2017 at the Sendai International Center. The theme of the Seminar is “JAPAN-AFRICA PARTNERSHIP FOR NEW DEVELOPMENT” including a panel discussion on the subject “Initiating Social Changes and Accelerating Progress”.

A cross section of panelist at the 2016 TICAD in Nairobi Kenya
A cross section of panelist at the 2016 TICAD in Nairobi Kenya

Making reference to Tokyo International Conference on African Development (TICAD) last held in Kenya, Nairobi in 2016, the seminar is aimed at spreading the news to the Japanese community about Japanese Government’s initiatives in Africa, trying to minimize AID but partners for Development and Growth.

TICAD is little known by many citizens in Sendai and Tohoku region in general, so through this forum participants as well as African students and others alike will get to know and understand Prime Minister Abe’s issue on African Development.

Highlights of this seminar include: A Keynote speech from H. E. Mr. Francois Oubida the Ambassador of Burkina Faso who is the Chairman of the TICAD Committee. Information of other keynote speakers will be given shortly. There will be panel discussion where 3 African students from the Universities in the Tohoku Region will join the keynote speakers for exchanges and interaction with the audience.

A bigger highlight would be the cultural performance presentations including African comedy, music and dances, with a showcase of a variety of African cuisines.

This seminar is being sponsored by the Japan International Cooperation Agency (JICA) and supported by Miyagi International Association (MIA) and Tohoku University.

It is expected that not less than 300 people will attend this event.


第1回 東北「日本―アフリカ パブリックセミナー&フェスティバル」について

宮城アフリカ協会は、「第1回アフリカ文化フェスティバル」(東北)を2017年9月17日に仙台国際センターにおいて開催いたします。 セミナーのテーマは「新たな発展のための日本-アフリカのパートナーシップ」ということで、「社会変化の開始と進展の加速」というテーマのパネルディスカッションを行います。

2016年にナイロビで開催された東京国際アフリカ開発会議(TICAD)の意義 そしてアフリカにおける日本政府のイニシアチブをより広く県民に理解していただくためのセミナーの目的としています。

TICADは、仙台・東北地方の市民にはほとんど知られていないため、このフォーラムの参加者だけでなく、アフリカの学生などを通して、アフリカ開発に関する安倍首相の尽力を理解することになります。

このセミナーのハイライトは次のとおりです。H. E. Francois Oubida氏、TICAD委員会委員長であるブルキナファソ大使からの講演。 その他の講演者については間もなく掲載予定です。 東北大学のアフリカの3人の学生が加わり、講演者と観客との交流を図るパネルディスカッションが行われます。

更に、アフリカのコメディ、音楽、ダンスなどの様々なカルチャーパフォーマンスが盛大に行われ、アフリカの料理もお楽しみいただけます。

このセミナーは、国際協力事業団(JICA)の後援を受けており、宮城県国際交流協会(MIA)と東北大学の支援を受けています。

このイベントには300人以上の人々が参加する予定です


To learn more about this event, send an e-mail to hello.afam at gmail.com.

更に詳しくは、こちらまでお問い合わせください。