Report of the 2017 African Seminar and Cultural Performance

前書き


「最高のアイデアは、芳醇な淹れたてのコーヒーを飲みながら、知的な雰囲気の中から生み出される」と言う人もいます。 AFAMの幹部は、2017年3月、仙台国際センターのコーヒーショップに於いて、まさにこのような状況で会議を行いました。コーヒーテーブルを囲み、2017年度のAFAM活動計画を達成するためにも、アフリカセミナーを開催することを審議しました。もっとも、本当に実現可能かどうかは、その日を迎えるまで誰も想像はできませんでした。 AFAMの幹部は、このプロセスの第一歩として、スポンサーシップ、会場の予約という2つを重要事項として考慮しました。

AFAMはJICA東北事務所、AFAM幹部、Miyagi International Association(MIA)の代表が参加したSkypeカンファレンスを通じて、JICA東北事務所にスポンサーシップを依頼しました。 JICAはセミナー開催のためにAFAMと協力し、スポンサーシップを約束しました。

JICAのスポンサーシップは、午前のセミナーセッションをカバーするものであったため、午後に行われる文化パフォーマンスに対しては他のスポンサーを探す必要がありましたが、おかげさまで、宮城生協と「東北博覧会記念国際交流基金」に承諾いただきました。

これらのスポンサーを迎え、2017年9月17日に宮城アフリカ協会(AFAM)は「第1回東北アフリカセミナー」を開催することができ、仙台国際センターには日本人370人以上、アフリカ人約100人以上が集まりました。

AFAMは、この場をお借りして、貴重なご支援をいただいたスポンサーの方々に、心より感謝申し上げます。このレポートでは、問題の声明、セミナーの目的、イベント成功までの戦略、当日に起こったことなど、運営のプロセスを簡単に説明します。

また、どの程度の成功をおさめることができたかを示すため、来場者からいただいた意見、感想の分析も含めます。

セミナーの問題点と目的

2016年にケニアで開催された東京国際アフリカ開発会議(TICAD)は、多国間の強固な協力とパートナーシップを通じて、アフリカの開発、平和と安全を促進するため、1993年に日本政府によって発足しました。

過去20年間に、TICADはアフリカとの衰退を復活させるため、日本政府の対応の基盤として、アフリカ発展のための国際的な支援を結集し、維持するための世界的でオープンな多国間フォーラムへと進化しました。 TICADプロセスは、多国間パートナーシップ・プラットフォームであることから、伝統的な協力に加え、南南と三角協力を積極的に推進しています。

AFAM(アフリカ宮城協会)は、仙台市(及び東北地方全般)では、TICADについて知る人がほとんどいないことを認識し、東北地方などの日本人を援助するプラットフォームとして「アフリカセミナー」を開始し、同様に日本政府のアフリカ開発への取り組みについて理解しました。

TICADについての認識が低いこととは別に、アフリカ文化のデモンストレーションや踊り、民族衣装の展示を見たり、ましてやアフリカの食べ物を食べる機会はほとんどありませんでした。

このため、アフリカセミナーはTICADから得られた アフリカ – 日本協力の明白な成果、アフリカにおける日本政府のイニシアチブ、AID(援助)を最小限に抑えようとする開発と成長についてを、メッセージとして広めることを目指していました。

戦略:実行からアイデアへ

2017年1月:
AFAM会長のアイザック・ヤウ・アスィードウ博士(Dr. Isaac Yaw Asiedu)のリーダーシップのもと、アフリカセミナーの最初の会議が開催され、AFAMエグゼクティブにはイベントの名称とセミナーのテーマが提示されました。エグゼクティブによって提案されたテーマのうち、「アフリカのセミナーと文化パフォーマンス」が人気投票を獲得し、このイベントに採択されました。
このテーマを反映しながら、幹部は2016年8月にナイロビで開催されたTICAD VIの推進に熱心でした。

事実、TICADの決議は本質的にアフリカと日本双方の協力とWin-Winのパートナーシップの機会を促進していたため、TICADを重視することは重要な懸案事項でした。

2017年3月:
AFAMは幸いなことに、宮城生協の支援を受け「東北博覧会記念国際交流基金」の助成を受けました。

2017年4月:
AFAMは、東京の様々なアフリカ大使館や機関などに、セミナー期間中に彼らの外交活動を促進するためのプラットフォームを提供してもらえないかの招待状を送りました。 TICADの外交使節団長であったブルキナファソ大使がこのイベントのゲストスピーカーとなることが決まり、いくつかの大使館や組織に招待状が送られました。

2018年6月:
山形大学(鶴岡キャンパス)の大学院生、アラン・ネズイマナ(Alain Nzeyimana)が率いるAFAMのダンスリハーサルが始まりました。また、東北大学の大学院生であるジョシュア・オオエミ(Joshua Owoyemi)が主宰するAFAM Musicグループ「KUVUKI」が、当日の演奏準備を始めました。

2018年8月:
ミーティング、リハーサル、料理の準備、チケットの販売、ポスター、ソーシャルメディアなどの準備が並行して進行していました。チケットの需要が供給を上回っていたため、これは明らかに大きな成功の兆しでした。

2017年9月16日、宮城県国際交流協会(MIA)でボランティアとAFAMメンバーがリハーサル/ミーティング/ブレーンストーミングのために集まった

2017年9月17日:
会場の設置は、仙台国際センターの桜ホールで、午前8時30分ごろに作業を始めた様々なチームメンバーによって行われました。 レセプションチームは、AFAMメンバーと日本人ボランティアで構成され、暖かいレセプションと円滑なサービスで参加者を受け入れました。 桜ホールの入り口に2つの机が設置されていた。 デスク1は、すべての政府自治体当局およびブース出展者の歓迎デスクでした。 デスク2は登録された/登録されていない訪問者のためのものでした。 実行された主なタスクには、ゲストスピーカーへの名刺の配布と、その日のプログラムとアンケートシートの配布が含まれていました。

レセプションでのシーン

いったんすべてが設定されると、セミナーのセッションはVIPゲストをステージに迎え入れたドラムカフェチームの猛烈なドラム演奏から始まりました。日本人出席者370人以上、仙台国際センターの桜ホールにいた誰もが、会場の空気が最高潮に達したことを否定できませんでした。そこには彼らが知っているアフリカの鮮明な光景-野生のジャングル-がありました。

開会挨拶は、JICA東北支部の須藤勝義氏が、最近のモザンビーク訪問経験を語り合って訪問者を歓迎したものです。

続いて、ゲストスピーカーのH.E.フランソワ・オウダ(Francois Oubida)氏から、「地域の社会経済開発に必要なアフリカの開発の旅とパートナーシップ」をテーマにしたTICAD委員会委員長のブルキナファソ大使からの基調講演が続きました。アフリカと日本の協力の成功と教訓を詳述しました。

JICA東京副所長の小森正勝氏は、「TICADとJICAが支援するアフリカの発展」について話しました。同氏は、アフリカの産業発展に貢献するための「ナビゲーター」になれる若手人材を支援するABE Initiative Master’s Degree and Internship Programmeの目的を説明しました。

東北大学経済経営学教授の秋田次郎博士も、東北大学で学ぶアフリカ人の詳細な統計を講義しました。

最後の講演者、感動的なビジネスマン、カネダイ代表取締役社長の佐藤俊介氏は、ナミビアでの事業におけるビジネスの魅力と彼の会社が直面しているいくつかの一般的な困難を詳述する「ナミビア共和国の漁業管理」のトピックでプレゼンテーションを行いました。

Mr. Katsuyoshi Sudo JICA Tohoku Branch Manager making his speech
Keynote address from H. E. Mr. Francois Oubida, Ambassador of Burkina Faso
A plenary lecture on “Africa Development support by TICAD and JICA by Mr. Komori Masakatsu
Plenary lecture on “The current status and issues of foreign African students’ education at Tohoku University” by Prof. Akita Jiro
seminar-7
Lecture on “Fisheries Management in the Republic of Namibia” by Mr. Sato Shunsuke

このセミナーでは、AFAM会長であるアイザック・ヤウ・アスィードウ博士が司会する「社会変化の開始と進歩の促進」というテーマで、4名のスピーカーによるパネルディスカッションが行われました。彼らはアフリカと日本の社会変革を開始し、相互の進歩を加速させる可能性のある方法について議論しました

seminar-8
パネルディスカッションの様子
seminar-9
お弁当の配給

午後には、アフリカのお弁当「ネットワーキングランチセッション」、アフリカ大使館(ガーナ、ナイジェリア、ケニア、チュニジア、エチオピア、アンゴラ)のブース展示会、そして待望のアフリカ文化のステージがありました。

東北大学生協のケータリングサービスと協力して、Betty Asieduさんが率いるAFAMケータリングチームは、アフリカのランチボックス「Poulet DG」と呼ばれるカメルーン料理を約300名の参加者に提供しました。

ネットワーキングの昼食会の後、式次第は、MCにIsaac Kobina、平井アンジェラが率いるアフリカのファッションショー、ジョシュア・オオイエミが率いるAFAM音楽グループのパフォーマンス(クブキ)、AFAMダンスグループのソング「Wombolombo」 Alain Nzeyimanaとドラムカフェとの共演でした。

パフォーマンスの始めから終わりまで、出席者は完全に楽しんでいました。

皆、ドラムのダンスとビートに参加するように誘われ、パフォーマーと群衆の両方からは、笑顔とエネルギー湧き出ていました。 子供たちもとり残されることなく、 自分たちの美しいリズムでドラムを打ちました。

それは確かにアフリカ人としての私たちのアイデンティティを再確認する素晴らしい一日でした。

一部の大使館や施設を代表するブースでも、活動の展示、販売の促進、アフリカ文化の振興など、交流のあった来場者を受け入れました。

セミナーの統計

1.訪問者の一般的な統計

VIP(スピーカー+ブース出展者)= 23名

事前に登録した来場者= 100人

ビジター= 289人、AFAMスタッフ= 58人

セミナーに参加した児童を含む人数と実績= 470名

2. アンケートの定量的要約
以下の結果は、連続したサンプリング(無作為ではない)を使用している66人の日本人訪問者からのフィードバックに基づいています。

2.1.性別による訪問者の分布

質問票を記入した66人のうち41人が女性でした。

2.2.セミナーに関する情報源の配布(質問:参加者がセミナーについて聞いたところ)

多数は、家族、友人、知人を通じてイベントに関する情報を持っていました

seminar 28.png

2.3. General level of satisfaction of the visitors regarding the morning session

2.3.1. Satisfaction with lectures themes (Mode: Satisfied)

2.3.2. Satisfaction with content and structure of seminar (mode = Satisfied)

2.3.1. Satisfaction with lectures themes (Mode: Satisfied)

2.3.2. Satisfaction with content and structure of seminar (mode = Satisfied)

2.3.3. Level of satisfaction with smoothness & progress of seminar (mode = satisfied)

2.3.4. Level of satisfaction with the staff response (mode = satisfied)

2.4. Level of satisfaction with the cultural performance (mode = satisfied)

2.5. Willingness to participate in another African Seminar (mode = I want to participate)

2.3.1. Satisfaction with lectures themes (Mode: Satisfied)

2.3.2. Satisfaction with content and structure of seminar (mode = Satisfied)

2.3.3. Level of satisfaction with smoothness & progress of seminar (mode = satisfied)

2.3.4. Level of satisfaction with the staff response (mode = satisfied)

2.4. Level of satisfaction with the cultural performance (mode = satisfied)

2.5. Willingness to participate in another African Seminar (mode = I want to participate)

結論と勧告

アフリカ・セミナーと文化パフォーマンスの目的は次のとおりです。

– 東北地方の日本人とのアフリカ開発会議(TICAD)が、目標、取り組み、活動について話し合う。

-ファッションショー、文化的パフォーマンス、アフリカ料理の導入を通じて、アフリカの文化的価値を実証し描写する。

講演者の口頭発表やアフリカ文化の展示を通じて、AFAMは、アフリカ悲観主義の日本社会への影響の軽減に貢献したいと考えていただけでなく、TICAD、JICA、およびアフリカ諸国政府による協力の進展についてより多くの光を放つことを望んだ。

セミナー午前のセッションでは、日本の参加者は、社会的変化の開始と相互利益のための進歩を促進することを目指して、日本政府とアフリカ諸国との共同努力をもっと認識したと考えています。 具体的には、協力(経済、教育、技術、ABEイニシアチブ、JICA活動など)の力によって、アフリカ諸国と日本は相互に全体的な発展の道筋にある。

午後のセッションでは、ファッションパレード、歌、ダンス、ブース展示など、アフリカの豊かな文化遺産を紹介する様々な舞台公演とともに、アフリカの他の世界を紹介しました。 「Poulet -DG」の提供を通じて、日本人はおそらく初めてのアフリカ料理を味わうことができました。

セミナーや文化パフォーマンスでは300名が参加予定でしたが、出席者のアンケートでは470名が参加したことがわかりました。アフリカから6か国(ガーナ、ナイジェリア、ケニア、チュニジア、エチオピア、アンゴラ)、日本から2つのNGO(Cafa GanaとMaris Artプロジェクト)、施設、MIA、JICAのブース展示を楽しみました。

イベント後のアンケートから、出席者の満足度を評価しました。結果を要約すると、参加者のほとんどがイベントのすべての部分(セミナーセッション、ランチセッション、文化パフォーマンス)に満足していることを示しており、彼らは今後開催される次のアフリカセミナーや文化パフォーマンスにも参加したいと考えています。

次回への改善のための提案もありました。

イベントの写真とビデオはここで見ることができます。

ゲストスピーカーからのまとめ:

H.E.フランソワ・ウビダ氏

  • 日本は、二国間レベルと多国間レベルでアフリカのトップパートナーの1つとして位置づけられている。
  • 日本政府の政策は、アフリカ諸国のパートナーの衰退する利益を復活させた。
  • アフリカとの対話の必要性にも注意を払い、大陸が定めたアフリカの優先事項を喚起した。

小森正勝氏

  • ABEイニシアチブプログラムは、アフリカの学生に研修を提供することで、人材育成と生産性向上を強化することです。
  • 研修には、アフリカの産業発展に貢献するために、様々な分野で効果的なスキルと知識を養成するために、日本企業にインターンシップで学生を取り付けることが含まれます。
  • しかし、Francois Oubida氏は、学生をインターンシップのための企業に1週間未満の期間留学させることにより、英語での訓練を行っても、生徒たちは彼らが行った企業と適切なネットワークを作るのに役立たないと指摘している。
    それゆえ、生徒には基本的な日本語を学び、日本語でコミュニケーションできるチャンスが与えられなければ、日本企業とアフリカの企業との架け橋になる学生はただの夢に過ぎないだろうということでした。

秋田次郎教授

  • アフリカからの留学生の数は、アジアおよび中東以降の他の大陸からの留学生に比べて3位です。
  • しかし、近年、工学系学生の数は大幅に減少しています。この傾向は、エンジニアが開発のバックボーンであり、取り組む必要があるため、アフリカの開発にとって脅威となります。

佐藤俊介氏

  • ナミビアでの事業のメリット:豊富な漁業資源
  • 安定した政治制度
  • セキュリティの良さ
  • 近隣のアフリカ諸国で有望な市場であり、EU市場への容易なアクセス。

Message of Appreciation: by AFAM President, Dr. Isaac Yaw Asiedu

On behalf of the African Association of Miyagi (AFAM), I would like to thank all of you for attending the African Seminar & Cultural performance.
宮城アフリカ協会を代表して、アフリカセミナー&文化パフォーマンスに参加した皆様に、感謝もうしあげます。
Thank you His Excellency Mr. Francois Oubida for sharing the African Development Journey story with us.

AFAM President, Dr. Isaac Yaw Asiedu

ウビダ大使にはアフリカの開発に関するお話を共有していただきありがとうございました。
I would also like to thank Professor Akita Jiro for sharing his experience in handling African students. These students we see today will be the future leaders of Africa. Thank you for nurturing them.

秋田先生には、留学生を受け入れているご経験をお話しいただき、また、将来、
アフリカで活躍する学生たちを育てていただいていることを感謝いたします。
Mr. Sato Shunsuke, thank you for your company’s commitment and contribution towards African Development. We appreciate the great work you are doing in Namibia, networking Japan and Africa.
佐藤さんには、会社での積極的なアフリカでの事業の努力について、感謝申し上げます。
ナミビアでの事業は日本とアフリカのネットワーク作りにおけるすばらしい事例だと思います。

Mr. Komori Masakatsu, I would like to thank you and JICA for the active role in African Development initiative. Your assistance is leading the path for the achievement of SDGs in Africa.
アフリカ開発イニシアチブにおける積極的な役割についてJICAに感謝したいと思います。
I also like to thank and appreciate the presence of our African Embassies to the event. You have made us proud and I believe many of the participants have learned a lot about Africa in your booth exhibitions. AFAM hopes to support your mission as Ambassadors to Japan.
このイベントにご協力いただいたアフリカの大使館の皆様にも感謝申し上げます。
多くの参加者がアフリカについて多くのことを学ぶことができたことと思います。
And to our volunteers, from start to finish, you were an incredible volunteer, and because of your dedication and hard work, the seminar and the cultural performance were a great success. Thank you so much for your commitment of time and energy to this important event.
AFAM would like to set a platform to encourage more Japanese business community to invest in business ventures in Africa through the Foreign Direct Investment (FDI) initiatives.
AFAMは、多くの日本企業がアフリカで事業を展開するためのplatformをつくっていきたいと思っています。

The Africa we know today is far different from Africa we knew yesterday. There are many countries in Africa safe and sound for business. Political stability is probably one of the best in the world and the warm heart of Africans provides an atmosphere that makes foreigners to the continent have a sense of belonging.
We, therefore, invite you all to be part of the African Development journey story through any little contribution you could offer.
みなさん、アフリカセミナーを通して、アフリカに対してどのようなイメージを持ちましたか?多くのアフリカの国では、安全で事業の展開も可能になっています。また、アフリカの人々はみなさんをいつでも歓迎しています。ぜひ、アフリカの発展の一員になってください。

And lastly, AFAM is grateful to JICA, Miyagi Co-op and all our sponsors and supporters, to help bridge the distance between Japan and Africa. Hoping that you will continue to be engaged with AFAM on a different platform, to continue the goodwill between Japan and Africa.
最後に、協賛していただいたJICA、みやぎ生協と、ご協力いただいたみなさまに深く感謝申し上げます。みなさまのおかげで、このセミナーが、日本とアフリカの架け橋になっていると思います。
今後とも、AFAMをどうぞよろしくお願いいたします。
Thank you.

Sample introduction of feedbacks expressed by some visitors

“I just wanted to send you a quick e-mail congratulating you on a wonderful event. It was not only educational but entertaining and fun! I must also apologize that there was little I could do to help you with this event. I think you must be relieved it is over successfully but do hope you plan more in the future! It was wonderful. Thank you so much for providing this experience to us.” – Virginia

“We really had a wonderful time with the meal, music and fashion show… I would like to say congratulations to the success of the event and I am very proud of your hard work to make this event successful.” – Price (Tohoku University)

“I had a really fantastic time yesterday. Your national costume was really suits. Everybody was beautiful costume, and powerful song, dancing. It was wonderful!! I received great energy. I think I want to know African culture more.” – Kusaka Ichiro (Gozain Member)
“You make my mother and father happy today. They were so happy of the AFRICAN CULTURAL PERFORMANCE” – 大山美恵

“I really enjoyed and was happy to work with you” – (friend of an AFAM member, from Tokyo)

“One of the best memories of mine here in Japan. I enjoyed every moment” – Volunteer at the reception desk

“I did enjoy the music and dancing. It was nice meeting you” – Volunteer Photographer

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email